2017年04月07日更新
平成28年度第1回未来地域創造会議を開催しました。

平成29年3月28日(火)、甲府キャンパスにおいて、「平成28年度第1回未来地域創造会議」を開催しました。この会議は、平成26年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択された「山梨ブランドの食と美しい里づくりに向けた実践的人材の育成」の基本方針を審議するため、県内自治体首長や経済界等の代表と本学学長、理事、学域長などで構成されています。会議には、18名の委員と連携する自治体・団体の関係者及び本学教職員22名の計40名が出席しました。

議長を務める島田眞路学長による開会挨拶では、COC+事業も含めて諸事業を行う中で、地域の期待に応えられる大学となること。文部科学省による平成28年度中間評価では、「A」評価となり、また特に優れている点として、「客員社会連携コーディネータなど地域との連携・意識醸成の仕組みが着実に構築されていること」など挨拶と委員へのお礼の言葉がありました。

引続き、北村地域未来創造センター長から、平成28年度事業実績及び地域志向型教育研究プロジェクト(地方創生支援教育研究プロジェクト)の取組が報告されました。

また、教育カリキュラムや地域との共同研究の充実などを盛り込んだ平成29年度事業計画を審議し、活発な意見交換がなされた後、了承されました。 

開会挨拶する島田学長

会議の様子

 

会議終了後、学外委員は、平成26年4月にリニューアルした附属図書館の施設視察を行いました。同館では、竹内館長の説明により、IT機器や学習スペースなどを備えた自主学習のためのラーニングコモンズ 【Learning Commons】のほか、ノーベル医学・生理学賞を受賞された大村智特別栄誉博士が、本学在学時及び在職時の思い出品を展示する展示室を視察されました。

竹内図書館長による説明

大村 特別栄誉博士展示室の視察