2015年02月06日更新
山梨大学COC「キックオフ&シンポジウム」を開催しました。

山梨大学は、平成27年1月26日(月)アーバンヴィラ古名屋ホテルにおいて、文部科学省 平成26年度「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択されました『山梨ブランドの食と美しい里づくりに向けた実践的人材の育成』キックオフ&シンポジウムを開催しました。
当日は、自治体・企業・各種団体の関係者、一般市民、本学教職員のほか、県外大学等から180名を超える参加がありました。

第一部キックオフでは、前田学長の挨拶の後、佐野文部科学省大臣官房審議官(内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局次長)、横内山梨県知事(山里農政部長代読)、宮島甲府市長、金丸甲府商工会議所会頭、進藤山梨中央銀行頭取よりご挨拶をいただきました。続いて、早川COC推進センター長が、事業概要の説明を行いました。

第二部シンポジウムでは、佐野太氏(文部科学省大臣官房審議官)による「地方創生に向けた総合戦略」と題した基調講演があり、まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本構想の説明と、大学及び自治体への期待が述べられました。
続けて行われたパネルディスカッションでは、田中副学長がコーディネーターとなり「地域の発展に寄与する山梨大学の人材育成 ~山梨大学のCOC事業~」をテーマに、地域の課題や、COC事業を通じての山梨大学への期待など、8名のパネリスト(山路文部科学省高等教育局大學振興課課長補佐、山里山梨県農政部長、白倉北杜市長、三澤山梨県ワイン酒造組合副会長、丹沢甲府商工会議所副会頭、関山梨中央銀行専務取締役、早川COC推進センター長、北村COC推進センター副センター長)より、それぞれの視点から本事業を進めるうえで山梨大学のシーズと人材育成に期待するなどの発言がありました。

「キックオフ&シンポジウム」来場者アンケート集計結果 

学長挨拶

来賓挨拶-横内県知事(代読-山里農政部長)

事業概要説明-早川COCセンター長

佐野大臣官房審議官

パネルディスカッション①

パネルディスカッション

パネルディスカッション

全体

全体