2017年09月19日更新
平成29年度COCシンポジウム&中間報告会を開催しました

平成29年9月13日(水)山梨大学甲府キャンパスにおいて、「やまなしの観光と地域活性化」をテーマに平成29年度COCシンポジウム&中間報告会を開催し、自治体や観光関係者など90名が参加しました。

シンポジウムでは、島田 眞路 学長による開会挨拶の後、田中 敦 生命環境学部教授(前JTB総合研究所主席研究員)が「観光立国の『今』とやまなしの観光の『未来』に向けて」と題し、山梨県の基幹産業のひとつである「観光」に関する講演を行いました。また、事例紹介では、渡邉 靖仁 生命環境学部地域社会システム学科長が「生命環境学部観光政策科学特別コースによる人材育成」として、学部での人材育成を紹介しました。続いて、秦 康範 工学部准教授が「地域課題解決人材育成プログラム地域課題解決科目の取組み」として、COC教育プログラムでの「観光人材」の育成について紹介を行いました。

来場者アンケート結果(PDF)

開会挨拶する島田学長

講演する田中教授

 

事例紹介する渡邉学科長

事例紹介する秦准教授

 

 

 

 

 

 

中間報告会では、地域の課題を研究テーマとした12件の地方創生支援教育研究プロジェクト毎に、ポスター発表形式で行いました。参加者は各担当教員の説明を熱心に聞き入り、有意義な会となりました。

中間報告会の様子

熱心に聞き入る参加者