2017年11月15日更新
第2回 地(知)の拠点公開講座を開催

山梨大学COC事業で行う教育プログラム「地域課題解決人材育成プログラム/地域課題解決科目」では、外部有識者による講演を地域の方にも参加いただける「地(知)の拠点公開講座」を実施しており、2回目の講座を11月9日(木)山梨大学甲府西キャンパスで開催しました。

講座では、NPO法人 大地といのちの会理事長の吉田俊道氏が「生ごみリサイクル野菜作りの可能性」と題して講演を行い、生ごみで土と野菜を作ることの効果やノウハウの紹介がありました。地域課題解決科目を受講する学生のほか地域の方など70名余りの参加者は、微生物の力や食事の大切さ、心身への影響などに高い関心を示し、生ごみを使った土作りの実演など3時間に及ぶ講義を聴講しました。

次回の「地(知)の拠点公開講座」は、11月24日(金)に開催します。

講演する 吉田氏

 

※今後の公開講座の詳細についてはチラシ(PDF)をご覧ください。