2017年12月25日更新
第5回 地(知)の拠点公開講座を開催

山梨大学COC事業で行う教育プログラム「地域課題解決人材育成プログラム/地域課題解決科目(環境分析ネットワーク及び森林の継承と環境保全計画立案)」では、12月16日山梨県立図書館において、「森と水と郷をつないで生かす」をテーマに「地(知)の拠点公開講座」を開催しました。この講座は、外部講師による授業を地域の方も参加いただけるもので、学生のほか地域の方など20名を超える参加がありました。

講座では、生態計画研究所 大西信正氏、地域ESD事務所つむぐ代表 村山敬洋氏がそれぞれの活動を通じての取組みと課題を話されました。また、本学生命環境学部 菊地淑人准教授による課題解決への参考が提示されました。

実践の現状を話される大西氏(左)と村山氏(右)

解決策例を話す菊地准教授

 
 
その後参加者は、2つのグループに分かれ、山梨の環境の活かし方について、富士川町と早川町を題材にワークショップを行い、最後に各グループが発表をして、地域資源の活用と地域外者の関わりによる地域の活性化を学びました。

グループワークを行う参加者

発表の様子