2018年01月31日更新
富士河口湖町と包括的連携協定を締結

平成30年1月24日(水)富士河口湖町役場において、富士河口湖町との包括的連携協定の調印式を挙行しました。

山梨県有数の観光地である富士河口湖町は、「ひとが暮らしやすいまち」、「ひとを育むまち」、「ひとが交わるまち」などの実現を目指しています。包括的連携協定では、山梨大学の有する人的資源を活用し、また、双方の持つ資源の活用や様々な分野での緊密な連携を図るため、包括的連携協定を締結しました。

調印式では、渡辺喜久男 富士河口湖町長が「『シンクタンク』とも言える山梨大学の持つノウハウを活用したい」と述べ、島田眞路学長も「地域に開かれた大学として、町の発展に寄与したい」と決意を語りました。

連携では、地域防災サポート、教育ボランティアによる教育サポート、大学生の視点を活用した観光地域づくり協働の3つの事業を行うこととしています。

地域防災サポート事業(担当:鈴木猛康 地域防災・マネジメント研究センター長)では、富士河口湖町で我が国NO.1クラスの地域防災の実践を目的としています。

教育ボランティアによる教育サポート事業(担当:田中勝 教育学部附属教育実践総合センター長)では、富士河口湖町「学習応援教室」での教員志望学生による児童の学習理解を高める支援を行います。

大学生の視点を活用した観光地域づくり協働事業(担当:菊地淑人 生命環境学域准教授)では、大学生目線での観光地計画の提案を通じて、富士河口湖町の多様な観光資源を活かした観光地域づくり推進の支援を行うこととしています。

説明をする鈴木センター長(左)、田中センター長(中)、菊地准教授(右)

関係者集合写真

www.coc.yamanashi.ac.jp/2626