2018年07月03日更新
平成30年度全学FD研修会で地域課題解決科目の事例紹介

平成30年6月29日(金)、甲府キャンパス情報メディア館多目的ホールにおいて、平成30年度全学FD研修会(大学教育センター主催)が、「Project型学習(PBL)の必修化に向けて」をテーマに開催され、COC教育プログラム「地域課題解決人材育成プログラム」の事例紹介を行いました。平成28年度から全学的な地域志向の教育カリキュラムとして実施する「地域課題解決人材育成プログラム」の構成科目群の1つである「地域課題解決科目」は、アクティブラーニングによるフィールド実習を中心に地域の課題を解決する能力を身に付けることを目的とする科目です。

同研修会では、現在開講する11科目の地域課題解決科目の中から、生命環境学部 菊地准教授が「COC地域課題解決科目を通じた地域志向型実践的人材の養成」と題して、COC地域課題解決科目と菊地先生が担当する「アグリツーリズムの実践」の授業目的とその実施内容、当該科目による事業成果の展開としての包括的連携協定の実施、最後にPBL型フィールド教育の可能性と課題を発表いたしました。多くの教職員にCOC教育プログラムと地域課題解決科目の活動を知っていただく機会となりました。

なお、地域未来創造センターは、全学FD研修会を企画・実施する大学教育センターと連携して、地域を知り・学ぶ教養科目「地域理解」の制作と全学部での授業実施に取組んでいます。

事例紹介する菊地准教授

事例紹介タイトル

www.coc.yamanashi.ac.jp/2915