2018年07月31日更新
昭和町と包括的連携協定を締結

平成30年7月25日(水)昭和町役場において、昭和町との包括的連携協定の調印式を挙行しました。

本協定は、同町が策定する第6次総合計画などの諸施策の展開に、本学の有する人的資源の活用を図ることで地域貢献への使命を果たすことや、活力ある地域社会の形成・発展を目指し、双方の資源の活用や各分野での緊密な連携を図るために締結されました。

調印式では、志村武夫 昭和町副町長が角野幹男町長の挨拶を代読し、「人口増加を続ける町政運営に協力願うと共に、本協定締結により更に充実したまちづくりに協力願いたい」と述べ、島田眞路学長は「地域の中核、学術文化の中心として、大学の人的資源を活用し、雇用の増加、人口の増加する昭和町のまちづくりに協力したい」と決意を語りました。

連携では、本学が開発している地域経済分析ツールを活用して、均衡ある発展に資する土地利用計画案の策定とその実現を目的とする「昭和町における均衡ある発展に資する土地利用計画」の施策実現サポート事業(担当:工学域 武藤慎一 准教授)と地下の水資源を持続的かつ有効に使うことができる水資源マネジメントを実施できる町を目指すため「水文学・水質学・微生物学を融合させた地下水資源の有効な活用」の施策実現サポート事業(担当:工学域 中村高志 助教)の2事業を行うこととしています。

photo

署名する島田学長(右)、志村副町長(左)

 
photo

事業説明する武藤准教授(左)、中村助教(右)

 
photo

関係者集合写真

www.coc.yamanashi.ac.jp/3333