2018年08月06日更新
エリア放送(デンパ☆梨甲局) オープンキャンパス2018にて活動

山梨大学エリア放送(デンパ☆梨甲局)は、8月4日(土)に行われた山梨大学オープンキャンパス2018(甲府キャンパス)において、オープンキャンパス参加の高校生にインタビューを行い、その様子をキャンパス内に放映しました。エリア放送は、昨年度から生放送に取組み、インタビュアー、カメラマン、放映機器オペレーターなど全て学生が担当し、また、質問項目も学生達が考え、取材しました。

photo

取材の様子(左)と配信映像(右)①

 

photo

取材の様子(左)と配信映像(右)②

 

この放映は、保護者控室の大型スクリーンに映し出され、控室で待機される保護者や時間待ちの高校生に、エリア放送の取り組みだけでなく、オープンキャンパスの様子を知っていただきました。

photo

保護者控室の配信映像①

photo

保護者控室の配信映像②

 

エリア放送では、定期的に学内情報を配信し、大学内の諸活動を紹介するだけでなく、災害時学内情報伝達手段の一つとしての機能を果たすこととしています。
 
 

また、オープンキャンパス参加者配付資料には、山梨大学COC事業の教育プログラムである「地域課題解決人材育成プログラム」説明資料を同封し、事業の案内を行いました。

photo

当日の配布資料から

 

www.coc.yamanashi.ac.jp/3356