2018年09月28日更新
山梨大学COCシンポジウムを開催

平成30年9月20日(木)、山梨県立図書館において、山梨大学COCシンポジウム「地域住民・行政と学生の協働~地域の活性化への活用~」を開催し、自治体・企業団体関係者や本学教職員等約80名が参加しました。

本学では、平成26年度文部科学省「知(地)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択され、「山梨ブランドの食と美しい里づくりに向けた実践的人材の育成」事業を推進しています。本事業の1つとして、地域志向型教育により学生自らが自発的に学修し、地域の課題を発見し解決する能力を身につける「地域課題解決科目」を開講しています。シンポジウムでは、この科目の実施を通じて、地域の抱える課題を大学と協働で解決する方策を探り、その成果を地域の活性化に活用いただくため、これまでの活動例などを紹介し、継続的な活動のあり方、問題点を共有していただきました。

来場者アンケート結果(PDF)

シンポジウムは、島田眞路学長による開会挨拶の後、郷 健太郎 地域未来創造センターCOC部門長が本事業の概要や取組を紹介し、林 靖人 信州大学産学官連携・地域総合戦略推進本部長に、同大の地域志向型教育と地域連携についてご講演いただきました。

photo

開会挨拶する島田学長

photo

概要説明する郷部門長

 
photo

講演する 林 本部長

 

また、本事業の科目を履修する学生の代表3名が「アグリツーリズムの実践」「ICTの産業活用」「ツーリズムによる産業活性化・地域活性化」をテーマに活動を発表しました。

photo

学生発表の様子

 

その後、パネルディスカッションとして、まちづくりを担う地域リーダー、行政担当者、本学の履修学生から、大学や学生がまちづくりに関わることの効果や課題について、それぞれの立場から活発な議論が展開されました。

photo

パネルディスカッションの様子

www.coc.yamanashi.ac.jp/3429