2018年10月29日更新
公開講座(韮崎市立大村記念図書館、放送大学山梨学習センターとの共催)を開催

10月28日(日)13時30分から、韮崎市民交流センター「ニコリ」を会場に、山梨大学、韮崎市立大村記念図書館及び放送大学山梨学習センター共催による、平成30年度第2回公開講座を開催しました。同日は、工学部 武藤慎一准教授(放送大学客員准教授)が、「地域経済の仕組み」と題して講演し、一般市民の方21名が参加しました。

武藤准教授は、経済システムや山梨県及び各市町村の経済状況を解説した後、2027年開通予定のリニア中央新幹線に関連して、都市内交通整備による経済効果について、同准教授の研究内容を説明しました。また、今後、中部横断道開通による経済効果も研究したいとの発言がありました。

参加者からは、リニア利用者層の予想やリニア開通での産業界の進出など、リニア開通に関する質問が多くあり、終了予定時刻を超えて、活発な質疑応答が行なわれました。

※ 本公開講座は、山梨大学が平成29年3月に韮崎市との間において包括的連携協定を締結したことを契機とし、同市の市立大村記念図書館、本学教員が客員教授となる放送大学山梨学習センター及び本学の共催で、平成29年6月から開催しています。

photo

講演する武藤准教授

photo

韮崎市立大村記念図書館内に
開設された関係図書コーナー

 

www.coc.yamanashi.ac.jp/3523