2018年12月26日更新
平成30年度COC地域課題解決科目学生発表会を開催

平成30年12月20日(木)、甲府キャンパスにおいて、平成30年度COC地域課題解決科目学生発表会を開催し、学内外から70名余の参加がありました。

山梨大学では、平成28年度から地域の課題を解決できる実践的人材育成を目的とする、地域志向特別教育プログラム「地域課題解決人材育成プログラム」を実施しています。同プログラムの構成科目の1つである「地域課題解決科目」は、アクティブラーニングによるフィールド実習を中心に地域の課題を解決する能力を身に付けるものです。地域課題解決科目学生発表会では、学習成果の確認と地域社会や活動にご協力いただいた諸団体への成果報告を目的としています。

発表会では、島田眞路学長による開会挨拶の後、北村眞一地域未来創造センター長が本プログラムの概要説明を行いました。

photo

開会挨拶する島田学長

photo

概要説明する北村センター長

photo

概要説明を聞く参加者

 

「地域課題解決人材育成プログラム」概要説明後、同プログラムの修了要件を満たした学生3名に、島田学長より修了証書が授与されました。

photo

修了証書の授与

 

その後、本年度の活動について10のテーマ毎に、学生達が1分間のPRスピーチを行い、ポスター発表に臨みました。また、島田学長や事業協働機関関係者など6名の審査委員による審査及び来場者による投票が行われ、次のテーマに北村眞一センター長から表彰状が授与されました。

・最優秀賞  「森林の継承と環境保全計画立案」
・優秀賞   「アグリツーリズムの実践」
・来場者投票による特別賞  「ツーリズムによる産業活性化・地域活性化」

photo

学生が活動概要をスピーチ

photo

学生の説明を聞く参加者

photo

島田学長へ説明する学生

北村センター長(右)による表彰

 
発表会終了後には、科目実施に指導・協力いただいた地域の方と学生・指導教員など大学関係者による懇談会を開催し、活動の振返り、次年度の活動の進め方などを話し合いました。

photo

懇談会での履修学生と島田学長

 

今回の学生発表会には、履修学生による活動状況の発表だけでなく、初めて当日の運営に複数の学生が関わりました。次回から、会場設営、司会、受付、発表会全体の運営を学生主体で行うことを想定し、試行として取組みました。

また、会場内では最優秀賞を受賞したテーマにより、鳥獣害対策として収穫したユズを希望者に配付し、寄附を受ける活動も合せて行われました。

photo

司会を担当した松尾君

photo

ユズの収穫に関わった学生と早川理事(右)

www.coc.yamanashi.ac.jp/3650