2019年01月18日更新
山梨大学COCセミナーを開催

平成31年1月16日(水)甲府キャンパス情報メディア館(医学部キャンパス同時中継)において、学内外から44名が参加して山梨大学COCセミナーを開催しました。同セミナーでは「COC事業の継続」をテーマに、全学的な地域志向型の教育カリキュラムを展開し、地域の課題を解決できる人材育成を図る取組みとCOC補助金終了後の事業継続について考えました。

また、今回のセミナーは、特別教育プログラムとして実施する山梨大学COC「地域課題解決人材育成プログラム」の内容充実について、教職員におけるFD・SDと位置づけて開催しました。

島田眞路 学長による開会挨拶の後、北村眞一 地域未来創造センター長が「地域課題解決人材育成プログラムによる地域人材の育成」と題して、本学COC事業の現状と今後の取組みについて報告しました。

photo

主催者挨拶する島田学長

photo

事業報告する北村センター長

 

 

次に清水恵美子 茨城大学准教授(COC統括機構所属)により、茨城大学COC事業「茨城大学COC 地域志向教育プログラムの取組みと今後」と題してご講演いただきました。清水准教授からは、連携自治体及び企業関係者を講師にまねきアクティブラーニングの手法を用いて全学的に実施している「茨城学」を中心に、地域志向教育プログラム履修学生の意識・行動の変化や大学の教育カリキュラム改革等についてお話いただきました。また、COC補助金終了後の事業継続の参考として、COC+事業を通じた県内高等教育機関との教育連携の紹介と、地域志向教育プログラム開講要員の確保等の課題提示をしていただきました。

photo

講演する清水准教授

www.coc.yamanashi.ac.jp/3717