2019年10月21日更新
地(知)の拠点 公開講座「生ごみリサイクル土づくり・野菜づくり」を開催しました

令和元年10月15日(火)山梨大学甲府キャンパスにおいて、地(知)の拠点 公開講座を開催しました。
講座では、NPO法人大地といのちの会理事長の吉田俊道氏より、「生ごみリサイクル土づくり・野菜づくり~循環型社会構築の原点~」と題し、微生物による土づくりとそこで育った野菜のおいしさや効果、また、自然界の循環を活用する豊かな社会の実現について、お話をいただきました。

講演する吉田俊道氏

学生や一般市民の方など52名の参加者は、微生物の力や日々の食事による心身への影響、自然界の共生の在り方など、吉田氏の軽妙な語りに引き込まれ、2時間に及ぶ講義を聴講しました。