2015年10月15日更新
エリア放送の試行を甲府キャンパス防災訓練にて行いました!

10月8日(木)、防災時にエリア放送を活用する試行を平成27年度山梨大学甲府キャンパス防災訓練において行いました。学生がアナウンサーを務め、地震の発生、規模等を生放送で伝えました。参加した学生や職員は、ワンセグ・フルセグ携帯(スマートフォン)をはじめ、メイン会場近くに設置したテレビで放送を視聴することができました。

学生の声

今回は訓練だったが、実際の災害時には多くの方が様々な情報伝達手段を有効に活用できることが重要であり、エリア放送がその一つになるという可能性を感じました。そのためにエリア放送の周知がもっと必要だと実感しました。学内に何箇所かエリア放送を視聴できるテレビ等の設置でき、多くの学生の視聴する機会が増えればと思います。

34エリア放送34エリア放送2