2016年01月27日更新
山梨大学COC事業の発表 ~COC+キックオフ・シンポジウム~

平成28年1月21日(木)、甲府市内ホテルを会場に「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」キックオフ・シンポジウムが開催されました。キックオフ・シンポジウムは4部構成で行われ、第2部分科会「大学COC事業からCOC+に向けて」の中で、山梨大学および山梨県立大学がそれぞれの大学におけるCOC事業の紹介・説明を行いました。

山梨大学からは、COC事業の取組みの成果について報告すると共に、COC+事業との連携や発展の可能性について発表を行いました。
前半は、教育プログラムの紹介をセンター教員が行いました。また、地域志向型共通教育科目(COC開講科目)のCOC+における地域教養科目への科目提供などの関係や、それぞれの事業で目指す人材の育成についての説明も行いました。
後半の事業紹介では、平成27年度に取組んだ地域課題解決科目のうちから、「ワインツーリズムの実践」、「環境分析ネットワーク」、「エリア放送を活用したコンテンツ作成の実践」の3つについて、活動内容等を学生がポスター発表しました。
70名を超える方に参加をいただき、本学COC事業の取り組みに興味をもたれていました。

IMG_1003

↑ センター教員による教育プログラムの紹介

IMG_1050IMG_1026

↑ 学生によるポスター発表