お問い合わせ

平成28年度ワインセミナーが開催されました。

平成28年10月22日(土)、東京都港区のフクラシア品川クリスタルスクエアにて、「平成28年度山梨大学ワインセミナー」が開催され、首都圏から約100名の参加がありました。

セミナーでは始めに、早川正幸理事および村上安生山梨県ワイン酒造組合元副会長から開会の挨拶がありました。

続いて、ワイン科学研究センターの乙黒美彩助教より「ワイン醸造に関わる微生物たち」と題した講義が行われ、参加者は実際に酵母や乳酸菌の観察を行いました。次に、ワイン科学研究センター長の奥田徹教授より「ワインの味と成分」と題した講義が行われました。さらに、山梨県果樹試験場の雨宮秀仁主任研究員より「山梨における醸造用ブドウ育種の現状」と題して、県果樹試験場にて実施している品種育成の内容、これまで育成した品種、今後の方向性についての講義がありました。

最後に、山梨県ワイン酒造組合元副会長の村上安生氏より、「ワインのティスティング」と題して、テイスティングについての講義の後、7種のワインのテイスティングが行われました。

来場者アンケートでは、専門的な講義を受講でき楽しめた、テイスティングを通してワインへの興味が深まった等の声が多く聞かれ、充実したものとなりました。また、学生の研究発表を聞いてみたいとの意見もありました。

%e5%9b%b36当日は、ワイン科学研究センターから4名の学生が運営側として参加しました。会場設営、テイスティング準備などを行い、テイスティングでは、参加者ひとりひとりへワインをサーブしました。

 

学生の声

  • 全体を通して非常に充実した時間を過ごすことができました。勤務する傍ら、先生方の講義を聞くことができ、大変良かったです。先生方の講義を受けることは滅多に無く、また、講義内容もアカデミックなものとなっており、非常に勉強になりました。セミナー終盤のワインテイスティングにおいて、参加者へワインサーブを行いましたが、慣れていないために上手く行うことができませんでした。今後このような機会がある際にはしっかりと注げるよう、サービングのスキルを上達させたいと思います。セミナーを通じて、大学の研究内容を世の中に発信していくことは大変良いことであり、今後もこうした取組みが続いて欲しいと思います。来年も機会があれば、運営補助としてぜひ参加したいです。

開会挨拶をする早川理事

開会挨拶をする早川理事

司会の鈴木准教授

司会の鈴木准教授

乙黒助教

乙黒助教

講義をする奥田ワイン科学研究センター長

奥田ワイン科学研究センター長

雨宮氏

雨宮氏
(県果樹試験場主任研究員)

村上氏 (ワイン酒造組合元副会長)

村上氏
(ワイン酒造組合元副会長)