お問い合わせ

歴史的風致散策 in 大和を開催しました

生命環境学部地域社会システム学科観光まちづくり研究室(菊地研究室)では、 11回目となる地域資源をめぐる「歴史的風致散策」を8月20日(日)、甲州市教育委員会との共同企画として甲州市大和地区において行いました。

甲州市教育委員会との共同研究として勝沼のブドウ畑やワイナリー群の文化的景観に関する価値調査を実施している縁から、これまで、甲州市勝沼地区において歴史的風致散策(第8回、第10回)を甲州市と山梨大学の共同企画として実施してきました。今回はそれを更に発展させ、別地区での歴史的風致散策を開催しました。

地域社会システム学科の1・2年生の学生有志が、市の担当者の方と一緒に、事前下見からポスター・チラシ作成、資料準備や当日のガイドなどを務めました。

 今回は夏のさなかですが、40名程度の方にご参加いただきました。

 今後の取り組みにもご期待下さい。

*本取り組みは、山梨大学「地(知)の拠点形成事業」におけるアグリツーリズム社会貢献事業の一環です。

散策の様子

散策の様子

ガイドを行う学生

ガイドを行う学生