お問い合わせ

アグリツーリズム・学生プランナー養成合宿(試行)を実施しました。

2015年9月28日(月)、29日(火)、生命環境学部地域社会システム学科の3・4年生7名と教員3名で、アグリツーリズム・学生プランナー養成合宿の試行を実施しました。本研修は、大学発のアグリツーリズムの実施に向けて、学生自らプランニングすることを想定し、コンテンツとなる施設を学生の感性で検討してもらうことを狙ったものです。

今回の合宿では、山梨県ならではの特色を持つアグリツーリズムの要件とその持続可能性を検討するため、北杜市の「道の駅南きよさと」と「八ヶ岳南麓ファーム」、甲府市の「昇仙峡渓谷ホテル」を訪問・滞在し、山梨産農産物の生産・販売・消費の状況を視察しました。

参加学生の声

・個人ではできないような貴重な経験ができた。
・農家訪問では、半日程度の農作業や食事作りの体験、農家泊などの長時間滞在をしないとその良さが分からないとの印象を受けた。
・実際のツアーでは、観光を組み込むことも考慮した方が良いかもしれない。
・地域の歴史や道について学ぶ機会を設けることも考えられる。

南麓ファーム 自然農法解説

南麓ファーム
自然農法解説

南麓ファーム(亀の尾圃場) 農作業体験

南麓ファーム(亀の尾圃場)
農作業体験

 

昇仙峡渓谷ホテル
集合写真