2017年06月29日更新
韮崎市立大村記念図書館等との共催による公開講座を開催しました。

6月24日(土)、韮崎市民交流センター「ニコリ」を会場に、韮崎市立大村記念図書館及び放送大学山梨学習センターとの共催により、公開講座「南極へのバーチャルツアー 観測隊員の視点から」を開催し、小学生や一般市民の方43名に参加いただきました。

講演は、日本南極地域観測隊として2回参加した、小林 拓 生命環境学域准教授から、観測隊の日本出発から帰国まで、南極の様子、観測活動など写真や動画を使っての紹介があり、南極の美しさだけでなく厳しさと観測の必要性を知りました。また、南極から持ち帰った氷から聞こえる空気が弾ける太古の音に、参加者は興味を示していました。

山梨大学は、平成29年3月に韮崎市との間において包括的連携協定を締結しました。本公開講座は、これまで韮崎市立大村記念図書館と放送大学山梨学習センターが行ってきた公開講座に協働で取組み、包括的連携協定で掲げる様々な分野での緊密な連携事業を行うことの一環としています。

次回は、平成29年12月2日(土)、韮崎市民交流センターにおいて、時友 裕紀子 教育学域教授が、『-「和食」のおいしさを伝え継ぐ 山梨の家庭料理-』と題して講演を行う予定です。

講演会の様子

講演に合せて「南極に関する」書籍案内

 

講演する小林准教授

太古の音を聞く参加者

2017年06月20日更新
(※終了しました)「水辺の探検2017」開催のご案内

河川協力団体に指定のYamanashiみずネット(市民団体、代表:風間ふたば(山梨大学生命環境学部教授))と、国土交通省甲府河川国道事務所の共催により「水辺の探検2017」を7月29日(土)に開催いたします。
水辺の生き物を探したり、水質調査を行ったり、楽しみながら自然と親しむ活動です。指導員が川への安全な入り方、生き物の捕まえ方、捕まえた生き物の種類などを教えてくれます。

 

【日時】 2017年7月29日(土) 9:00~12:00

【対象】 3歳以上
※小学生以下のお子様は保護者の方が同伴してください。

【締切】 7月25日(火) 定員50名
※定員になり次第、締め切らせていただきます。申込用紙(チラシ裏面)に必要事項を記入の上、FAXまたはメールにてお申し込みください。

【参加費】無料

【持ち物】
筆記用具・ノート・帽子・飲み物・着替え・ぬれてもよい服装・はきもの(運動靴・マリンシューズなど)

【集合場所】富士川防災公園(富士川情報プラザ)

※詳細につきましては 水辺の探検2017をご覧ください。

主催:Yamanashiみずネット(山梨大学)
共催:国土交通省甲府河川国道事務所
賛助:(一社)関東地域づくり協会
協力:山梨淡水生物研究会、子供自然体験クラブ エヴォルヴ

■お申し込み・お問い合わせ■
Yamanashiみずネット
山梨大学国際流域環境研究センター 風間研究室気付
TEL:055-220-8193 FAX:055-213-5953
E-mail:kagerou@ymizunet.org

2017年06月14日更新
平成28年度成果報告書を作成しました。

地域未来創造センターCOC部門では、平成28年度成果報告書を作成いたしました。
ぜひご覧ください。

山梨大学COC 平成28年度成果報告書

2017年06月13日更新
山梨高大接続研究会の高等学校教員が当センターを訪問されました。

平成29年6月8日(木)に開催された山梨高大接続研究会終了後、山梨大学の取組みを知る一環として、研究会メンバーが地域未来創造センターを訪問されました。

はじめに、北村センター長より、①地域再生・活性化を担い、世界につながる産業の発展に貢献できる人材の育成。地域諸団体等と協働し、学生に魅力ある地域の就職先の創出・開拓による学卒者の地元定着を目的とするセンターの概要。②山梨大学の高校教育支援の現状。③特色ある教育プログラムについて説明を行いました。
特に、特色ある教育プログラムの説明では、地域志向型教育カリキュラム「地域課題解決人材育成プログラム」による地域リーダーの育成及び、県内高等教育機関と連携して地域への学卒者就職を目指す「やまなし未来創造教育プログラム」の説明を行いました。研究会のメンバーには、地域をフィールドとして、地域の課題解決を学生と地域の方々が行う科目に興味を持っていただきました。

その後、学生たちの活動の場でもある「未来計画研究社Studio」に移動し、スタジオの見学後、杉山センター特任准教授から、学生たちの活動の様子と同施設の機能・活用について説明がありました。出席者は、学生のアクティブラーニングに効果的なオープンスペースの機能・設備と大学内の設置に関心をもたれていました。

※山梨高大接続研究会
山梨県教育委員会及び県内高校教員(進路・SSH・教務研修等担当)並びに山梨大学アドミッションセンター関係者で構成される。ディプロマ、カリキュラム、アドミッションの3ポリシーに基づく大学教育改革の取組みを相互で理解し共有すること。高校までに身に付ける資質・能力に関する共通理解とその育成に必要な方法の協力開発・実践などを研究する組織。

北村センター長による説明

杉山特任准教授による学生活動等の説明

2017年06月05日更新
(※終了しました)韮崎市立大村記念図書館・放送大学山梨学習センターとの共催による公開講座開催のご案内

山梨大学は、平成293月に韮崎市との間において、包括的連携協定を締結しました。同協定では、双方が持つ資源を活用し、様々な分野での緊密な連携事業を行うこととしており、これまで韮崎市立大村記念図書館と放送大学山梨学習センターが行ってきた、公開講座に協働で取組むこととしました。
この度、本学教員が講師を務める公開講座「南極へのバーチャルツアー ~観測隊員の視点から~」を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時  平成29年6月24日(土) 10時30分~12時

■会 場  韮崎市市民交流センターNICORI 2階 会議室9
      (韮崎市若宮1丁目2-50 韮崎駅前)

■申 込  無料。どなたでもご参加できます。事前申込み不要。

■講 師  小林 拓 准教授 (山梨大学生命環境学域)

♦プログラム詳細はチラシをご覧ください。

 

■お申込・お問合せ■
放送大学 山梨学習センター TEL 055-251-2238
韮崎市立大村記念図書館   TEL 0551-22-4946

2017年06月05日更新
(※終了しました)歴史的風致散策(甲州市勝沼地区)開催のご案内

地域社会システム学科観光まちづくり研究室では、甲州市教育委員会との共同企画として、甲州市勝沼地区の甲州街道勝沼宿、あるいはワイン醸造やブドウ栽培等に関する地域資源をめぐる「歴史的風致散策」を、6月25日(日)に実施します。

甲州市教育委員会と山梨大学(大山研究室/菊地研究室)が共同研究として実施している「勝沼のブドウ畑とワイナリー群の文化的景観」調査の成果を広く共有し、今後の観光まちづくり等に展開していくことも目的としています。

今回の企画では、事前準備や当日運営補助など、さまざまな場面で本学地域社会システム学科2年生有志が活躍しています。今回のチラシは、イラストを含め、学生のデザイン・編集によるものです。
五感で楽しむこの企画、ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。内容、申し込み等の詳細はPDFファイルをご覧ください。
※本事業は地(知)の拠点形成事業におけるアグリツーリズム社会貢献事業の一環です。

■日 時  平成29年6月25日(日) 午前9時~午後3時頃

■集合場所 甲州市役所勝沼支所

■申 込  6月20日(火)までに電話またはFAXにてお申込ください。
      氏名・住所・性別・生年月日・電話番号をご連絡下さい。

■その他  500円(保険料・拝観料)

♦歩きやすい服装でご参加ください。
♦昼食・飲み物をご持参ください。
♦少雨決行

 

■お申込・お問合せ■
甲州市教育委員会文化財課
TEL:0553-32-5076   FAX:0553-32-5172