2018年12月26日更新
平成30年度COC地域課題解決科目学生発表会を開催

平成30年12月20日(木)、甲府キャンパスにおいて、平成30年度COC地域課題解決科目学生発表会を開催し、学内外から70名余の参加がありました。

山梨大学では、平成28年度から地域の課題を解決できる実践的人材育成を目的とする、地域志向特別教育プログラム「地域課題解決人材育成プログラム」を実施しています。同プログラムの構成科目の1つである「地域課題解決科目」は、アクティブラーニングによるフィールド実習を中心に地域の課題を解決する能力を身に付けるものです。地域課題解決科目学生発表会では、学習成果の確認と地域社会や活動にご協力いただいた諸団体への成果報告を目的としています。

発表会では、島田眞路学長による開会挨拶の後、北村眞一地域未来創造センター長が本プログラムの概要説明を行いました。

photo

開会挨拶する島田学長

photo

概要説明する北村センター長

photo

概要説明を聞く参加者

 

「地域課題解決人材育成プログラム」概要説明後、同プログラムの修了要件を満たした学生3名に、島田学長より修了証書が授与されました。

photo

修了証書の授与

 

その後、本年度の活動について10のテーマ毎に、学生達が1分間のPRスピーチを行い、ポスター発表に臨みました。また、島田学長や事業協働機関関係者など6名の審査委員による審査及び来場者による投票が行われ、次のテーマに北村眞一センター長から表彰状が授与されました。

・最優秀賞  「森林の継承と環境保全計画立案」
・優秀賞   「アグリツーリズムの実践」
・来場者投票による特別賞  「ツーリズムによる産業活性化・地域活性化」

photo

学生が活動概要をスピーチ

photo

学生の説明を聞く参加者

photo

島田学長へ説明する学生

北村センター長(右)による表彰

 
発表会終了後には、科目実施に指導・協力いただいた地域の方と学生・指導教員など大学関係者による懇談会を開催し、活動の振返り、次年度の活動の進め方などを話し合いました。

photo

懇談会での履修学生と島田学長

 

今回の学生発表会には、履修学生による活動状況の発表だけでなく、初めて当日の運営に複数の学生が関わりました。次回から、会場設営、司会、受付、発表会全体の運営を学生主体で行うことを想定し、試行として取組みました。

また、会場内では最優秀賞を受賞したテーマにより、鳥獣害対策として収穫したユズを希望者に配付し、寄附を受ける活動も合せて行われました。

photo

司会を担当した松尾君

photo

ユズの収穫に関わった学生と早川理事(右)

www.coc.yamanashi.ac.jp/3650

2018年12月03日更新
(※終了しました)山梨大学COCセミナー開催のご案内

山梨大学COC事業では、大学等が自治体と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・地域貢献を進める大学等を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在となることを目的としています。

本セミナーでは、全学的な地域志向型の教育カリキュラムを展開し、地域の課題を解決できる人材育成を図る取組みとCOC補助金終了後の事業継続について考えます

【日時】 2019年1月16日(水) 16:30~18:00(受付16:00~)

【会場】 山梨大学甲府キャンパス  情報メディア館5階 多目的ホール
山梨大学医学部キャンパス 看護学科教育研究棟6階 会議室
(医学部キャンパスはテレビ会議中継)

【プログラム】
講演1 山梨大学COC事業
「地域課題解決人材育成プログラムによる地域人材の育成」
北村 眞一 山梨大学地域未来創造センター長

講演2 茨城大学COC事業
「茨城大学COC 地域志向教育プログラムの取組みと今後」
清水 恵美子 准教授 (茨城大学COC統括機構所属)

 

flyer

www.coc.yamanashi.ac.jp/3597


■お問い合わせ先■
山梨大学地域未来創造センターCOC部門
TEL:055-220-8130 FAX:055-220-8702
E-mail:coc-event@yamanashi.ac.jp

2018年11月06日更新
鳴沢村 大学祭に出展

11月4日(日)、山梨大学大学祭「第16回 梨甲祭」おいて、鳴沢村が同村のPRを行いました。

photo

鳴沢村マスコット
「なるシカくん」

山梨大学と鳴沢村は、平成30年4月に包括的連携協定を締結し、「農村資源を活かした観光地域づくりサポート事業」として当面次の3つの取組み、①鳴沢村の農村資源を活かした観光地域づくりの展開に向けた協働プロジェクトの実施、②大学を活かした職員能力の向上と学生との知的交流、③村と大学の交流事業の実施、を行っています。

今回の大学祭への出展は、③の取組みとなり、同村のマスコットである「なるシカくん」とは、多くの来場者が一緒に写真を撮っていました。また、来場者は、「なるシカくん」の顔はめパネルやスタンプラリーの参加のほか、村の関係者からの紹介を受け、同村への興味を深めていました。

なお、他の包括的連携協定事業では、協働プロジェクトの実施(①の事業)は、近く地域課題の抽出の成果について同村と共有することとし、知的交流事業(②の事業)は、同村の職員が、大学の講義を聴講することとしています。

photo

鳴沢村紹介ブース

www.coc.yamanashi.ac.jp/3547

2018年10月29日更新
公開講座(韮崎市立大村記念図書館、放送大学山梨学習センターとの共催)を開催

10月28日(日)13時30分から、韮崎市民交流センター「ニコリ」を会場に、山梨大学、韮崎市立大村記念図書館及び放送大学山梨学習センター共催による、平成30年度第2回公開講座を開催しました。同日は、工学部 武藤慎一准教授(放送大学客員准教授)が、「地域経済の仕組み」と題して講演し、一般市民の方21名が参加しました。

武藤准教授は、経済システムや山梨県及び各市町村の経済状況を解説した後、2027年開通予定のリニア中央新幹線に関連して、都市内交通整備による経済効果について、同准教授の研究内容を説明しました。また、今後、中部横断道開通による経済効果も研究したいとの発言がありました。

参加者からは、リニア利用者層の予想やリニア開通での産業界の進出など、リニア開通に関する質問が多くあり、終了予定時刻を超えて、活発な質疑応答が行なわれました。

※ 本公開講座は、山梨大学が平成29年3月に韮崎市との間において包括的連携協定を締結したことを契機とし、同市の市立大村記念図書館、本学教員が客員教授となる放送大学山梨学習センター及び本学の共催で、平成29年6月から開催しています。

photo

講演する武藤准教授

photo

韮崎市立大村記念図書館内に
開設された関係図書コーナー

 

www.coc.yamanashi.ac.jp/3523

2018年10月26日更新
(※終了しました)山梨大学COC「地域課題解決科目 学生発表会」開催のご案内

山梨大学では、平成28年度から「地域課題解決人材育成プログラム」を本格実施しています。このプログラムは、地域を題材とする地域志向型共通教育科目やコース専門科目のほか、アクティブラーニングによるフィールド実習を中心に地域の課題を解決する能力を身につける「地域課題解決科目」から構成されています。
 
本発表会では、「地域課題解決科目」による活動の発表を通して、学習成果の確認と地域社会や活動協力諸団体への成果報告及びこれからこの科目を履修する学生への事業案内をいたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】 2018年12月20日(木) 16:30~(開場16:00)

【会場】 山梨大学甲府西キャンパス 大学会館 多目的ホール・ラウンジ

【プログラム】

  • 報告会
    16:30~ 主催者挨拶
    16:35~ 地域課題解決人材育成プログラム及び
         地域課題解決科目の説明
    16:45~ 地域課題解決科目学生発表
         (1分スピーチ、ポスター発表)
    18:00~ 発表優秀者表彰
    18:10~ 写真撮影
     
  • 懇談会
    18:20~ 懇談会
    19:00~ 閉会
     

※詳細及び会場についてはチラシ(PDF)をご覧ください。

flyer

www.coc.yamanashi.ac.jp/3500


■お問い合わせ先■
山梨大学地域未来創造センターCOC部門
TEL:055-220-8130 FAX:055-220-8702
E-mail:coc-event@yamanashi.ac.jp


2018年10月18日更新
やまなし産学官連携研究交流事業「研究発表会」で研究成果を発表

山梨大学と山梨県が主催する「平成30年度 やまなし産学官連携研究交流事業 研究発表会」が、10月17日(水) ベルクラシック甲府(甲府市)で開催されました。同発表会は、山梨県内の中小企業が大学や公設試験研究機関と連携して研究開発を実施することを推進するため、産学官の研究成果を紹介し、産学官連携への関心を深めていただくことを目的として開催され、350名ほどの参加者がありました。機械・加工領域、環境領域、エネルギー領域、地場産業領域などの12領域に98テーマの研究内容、技術についてポスター展示が行われ、山梨大学COC事業からも、「COC事業」領域として、地域志向型研究での成果を発表しました。

COC事業による発表は、「地方創生支援教育研究プロジェクト」として実施したプロジェクトから、「甲府の街活性化に寄与するスパークリングワインの研究開発」、「果樹園での安心・安全な運搬作業を支援するロボットビークルの開発」、「直感的インターフェースを持つ織物デザインシステムによる新規製品の創発支援」など、10件のプロジェクト代表者が行いました。地域から頂いた地域の課題を研究テーマとする本プロジェクトは、前年の4件から2.5倍と大幅に発表スペースをいただき、研究成果を広く案内いたしました。

また、地域志向型の教育や研究などを紹介する山梨大学COC事業のパネルも展示し、地域貢献に取組む山梨大学の現状も併せて知っていただきました。

photo

プロジェクトのポスター発表

photo

山梨大学COC事業のパネル

www.coc.yamanashi.ac.jp/3457

2018年10月17日更新
(※終了しました)山梨県町村会・山梨大学連携リレーシンポジウム開催のご案内

山梨大学と山梨県町村会は、地域の農業、食、環境、経済の問題解決と若者の定着促進により持続的に繁栄する地域社会の構築を目的に、リレーシンポジウムを通じて、課題解決とその方策の提案を連携して行います。

本シンポジウムでは、野性生物による農作物被害や通行車両への接触・衝突の問題を抱える道志村の現状から、その解決と同様な課題を持つ他地域への参考例を提案していきます。
 

【日時】 2018年12月1日(土) 13:30~16:30(開場13:00)

【会場】 水源の郷 やまゆりセンター「ふれあいホール」
(山梨県南都留郡道志村8990番1)

【プログラム】
13:30~ 開会挨拶
13:45~ 講演
     「野生生物による被害の現状と課題
      ~山梨県・道志村のいまとこれから~」
15:00~ ワークショップ(テーマ)
     ・農作物被害
     ・野生生物との交通事故
     ・市民協働による調査・対策
16:00~ 全体発表・意見交換
16:30~ 閉会挨拶

 

※詳細についてはチラシ(PDF)をご覧ください。

■会場案内

map
神奈川県方面から道志村へアクセスする際の補足
<国道413号(相模原市青根地区)の通行止めについて>

www.coc.yamanashi.ac.jp/3444


■お問い合わせ先■
山梨大学地域未来創造センターCOC部門
TEL:055-220-8130  FAX:055-220-8702
E-mail:coc-event@yamanashi.ac.jp


2018年09月28日更新
山梨大学COCシンポジウムを開催

平成30年9月20日(木)、山梨県立図書館において、山梨大学COCシンポジウム「地域住民・行政と学生の協働~地域の活性化への活用~」を開催し、自治体・企業団体関係者や本学教職員等約80名が参加しました。

本学では、平成26年度文部科学省「知(地)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択され、「山梨ブランドの食と美しい里づくりに向けた実践的人材の育成」事業を推進しています。本事業の1つとして、地域志向型教育により学生自らが自発的に学修し、地域の課題を発見し解決する能力を身につける「地域課題解決科目」を開講しています。シンポジウムでは、この科目の実施を通じて、地域の抱える課題を大学と協働で解決する方策を探り、その成果を地域の活性化に活用いただくため、これまでの活動例などを紹介し、継続的な活動のあり方、問題点を共有していただきました。

来場者アンケート結果(PDF)

シンポジウムは、島田眞路学長による開会挨拶の後、郷 健太郎 地域未来創造センターCOC部門長が本事業の概要や取組を紹介し、林 靖人 信州大学産学官連携・地域総合戦略推進本部長に、同大の地域志向型教育と地域連携についてご講演いただきました。

photo

開会挨拶する島田学長

photo

概要説明する郷部門長

 
photo

講演する 林 本部長

 

また、本事業の科目を履修する学生の代表3名が「アグリツーリズムの実践」「ICTの産業活用」「ツーリズムによる産業活性化・地域活性化」をテーマに活動を発表しました。

photo

学生発表の様子

 

その後、パネルディスカッションとして、まちづくりを担う地域リーダー、行政担当者、本学の履修学生から、大学や学生がまちづくりに関わることの効果や課題について、それぞれの立場から活発な議論が展開されました。

photo

パネルディスカッションの様子

www.coc.yamanashi.ac.jp/3429

2018年09月03日更新
(※終了しました)山梨大学ワインセミナー開催のご案内

山梨大学では、ワインに関する研究の一端を公開するとともに、基礎的知識を系統的に講義し、総合的なワインの楽しみ方を学んでいただくため、「ワインセミナー」を開催いたします。
セミナーでは、専門家による講義の後、国産ワインのテイスティングを行います。

【日時】
 
平成30年10月13日(土)
 13:00~17:00終了予定 / 受付12:00~

【場所】
 
フクラシア品川クリスタルスクエア(東京都港区港南1-6-41)
 (JR 品川駅港南口から徒歩8分、京浜急行 品川駅から徒歩8分)

【定員】
 
100名

【受講料】
 
2,000円

【講義内容】

講義名 講師 講師所属
ブドウの香りを科学する 鈴木 俊二 山梨大学ワイン科学研究センター教授
おいしさを調べる-その面白さと難しさ- 斉藤 史恵 山梨大学ワイン科学研究センター助授
ワイン用ブドウの栽培管理 渡辺 晃樹 山梨県果樹試験場
ワインのテイスティング 庄内 文雄 山梨県ワイン酒造組合副会長
【申込方法】
・Eメール、又はFAXにて、件名「山梨大学ワインセミナー申込」と記載の上、氏名・年齢・住所・Eメールアドレス・電話番号(FAX番号)を記入して、9月28日(金)必着で以下の連絡先へお申し込みください。
・申し込み多数の場合、抽選により受講者を決定いたします。
・当選者の発表は10月2日(火)以降に受講票の送付をもって代えさせていただきます。
・複数名応募の場合は全員分の情報をお知らせください。
・ワインのテイスティングがありますので、年齢を忘れずにご記入ください。
・記入もれは応募が無効となる場合がありますのでご了承ください。
 
【申込み・問合せ先】
〒400-0005 甲府市北新1-13-1
山梨大学ワインセミナー事務局
TEL:055-220-8604 FAX:055-220-8768
E-mail:wine-edu@yamanashi.ac.jp

20歳以上の成人を対象とします。
※テイスティングを行いますので、車でのご来場はご遠慮ください。
※申込者の個人情報は年齢確認、ワインセミナーの連絡等、運営に関してのみを利用目的とし、ワインセミナー事務局にて適切に管理させていただきます。

flyer

www.coc.yamanashi.ac.jp/3410