2018年05月07日更新
地域課題解決科目説明会の開催

平成30年4月27日(金)、甲府キャンパス工業会館アクティブラーニング室において、地域課題解決人材育成プログラム「地域課題解決科目」説明会を開催しました。

「地域課題解決科目」は、地域の課題をアクティブラーニングの手法を取れ入れ、グループワークによって学生自らが学修するもので、地域の課題を発見し、解決する能力を身につける地域課題解決人材育成プログラムの科目群です。

当日は、地域未来創造センターから、地域課題解決科目の目的及び履修申込みについて説明した後、平成30年度開講する「ワインツーリズムの実践」、「ICTの産業活用」、「地域プロデュース・まちづくり」など11科目の担当教員が、科目の説明や活動内容について質問に答えました。

担当教員の説明を聞く履修希望者

www.coc.yamanashi.ac.jp/2820

2018年05月07日更新
大学基礎ゼミ「地域理解」の授業実施

平成30年4月27日(金)、山梨大学医学部キャンパスにおいて、大学基礎ゼミ「地域理解」の授業を医学部看護学科1年次生に行いました。

「地域理解」は、山梨県の全体像の概略及び特色ある分野の特徴を理解し説明できるようになるとともに、その理解を基盤として地域の問題解決の能力を高めることを目的としています。また、この科目を学ぶことにより、教養として「地域理解」のコンピテンシーと情報リテラシー、問題解決の汎用能力を身につけることとしています。

地域未来創造センターと大学教育センターとで協働して作成した「地域理解」は、事前学習やビデオ教材による、山梨県の基本情報や山梨県の主要な産業であるワインと観光に基づくツーリズムにより、自身の専門分野に関する地域の資源を活用したツーリズムをグループワークでまとめるというもので、平成30年度から行います。

授業では、地域のワイン産業や観光産業の課題と対策をグループで話し合い、自身の考えをまとめました。また、ワインツーリズムの事例を参考に学生の専門分野に関する地域の資源を活用したツーリズムを発想するところでは、温泉、山、水、自然野菜などを活用したヘルスツーリズムの提案などがありました。今回作成した「地域理解」教材は、今後大学基礎ゼミ等の中で各学部・学科等で使用されていくこととなっています。

グループワークの様子

北村地域未来創造センター長による授業進行

 

www.coc.yamanashi.ac.jp/2819

2018年05月07日更新
平成29年度COC地域課題解決科目学生発表会を開催

平成30年4月24日(火)、甲府キャンパスにおいて、平成29年度COC地域課題解決科目学生発表会を開催し、学内外から115名が参加しました。

全学的な地域志向型の教育カリキュラムとして、平成28年度から「地域課題解決人材育成プログラム」を実施しており、構成科目の1つである「地域課題解決科目」は、アクティブラーニングによるフィールド実習を中心に地域の課題を解決する能力を身に付けるものです。同発表会は、当該科目による活動を通じて学習成果の確認と地域社会や活動にご協力いただいた諸団体への成果報告を目的としています。

発表会では、島田眞路学長による開会挨拶の後、郷 健太郎 地域未来創造センターCOC部門長が本プログラムの概要説明を行いました。

開会挨拶する島田学長

概要説明する郷部門長

「地域課題解決人材育成プログラム」概要説明後、同プログラムの修了要件を満たした学生への修了証書が、島田学長より授与されました。

修了証書の授与

 

その後、農業・食・環境・地域経済など11のテーマにそれぞれ取り組んだ学生たちは、1分間のPRスピーチを行った後、ポスター発表に臨みました。参加者は学生たちの成果発表や提言に耳を傾け、活発な質疑応答が交わされるなど、会場は熱気に包まれました。

発表会では、来場者による投票により、「アグリツーリズムの実践」が特別賞に選ばれました。また、島田学長や事業協働機関関係者など6名の審査委員による審査の結果、最優秀賞に「ツーリズムによる産業活性化・地域活性化」、優秀賞に「ICTの産業活用」がそれぞれ選ばれ、北村眞一地域未来創造センター長から表彰状が授与されました。

説明を聞く参加者

学生が活動成果をスピーチ

島田学長(左)へ説明する学生

北村センター長(右)が
最優秀賞を学生へ授与

 

発表学生・指導教員等の集合写真

 

発表会終了後には、科目実施にあたり指導・協力いただいた地域諸団体の方と学生・指導教員など大学関係者による懇談会を開催し、活動の振返りなど交流を深めました。

地域の方と学生・大学関係者による懇談会

www.coc.yamanashi.ac.jp/2808