2018年09月28日更新
山梨大学COCシンポジウムを開催

平成30年9月20日(木)、山梨県立図書館において、山梨大学COCシンポジウム「地域住民・行政と学生の協働~地域の活性化への活用~」を開催し、自治体・企業団体関係者や本学教職員等約80名が参加しました。

本学では、平成26年度文部科学省「知(地)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択され、「山梨ブランドの食と美しい里づくりに向けた実践的人材の育成」事業を推進しています。本事業の1つとして、地域志向型教育により学生自らが自発的に学修し、地域の課題を発見し解決する能力を身につける「地域課題解決科目」を開講しています。シンポジウムでは、この科目の実施を通じて、地域の抱える課題を大学と協働で解決する方策を探り、その成果を地域の活性化に活用いただくため、これまでの活動例などを紹介し、継続的な活動のあり方、問題点を共有していただきました。

来場者アンケート結果(PDF)

シンポジウムは、島田眞路学長による開会挨拶の後、郷 健太郎 地域未来創造センターCOC部門長が本事業の概要や取組を紹介し、林 靖人 信州大学産学官連携・地域総合戦略推進本部長に、同大の地域志向型教育と地域連携についてご講演いただきました。

photo

開会挨拶する島田学長

photo

概要説明する郷部門長

 
photo

講演する 林 本部長

 

また、本事業の科目を履修する学生の代表3名が「アグリツーリズムの実践」「ICTの産業活用」「ツーリズムによる産業活性化・地域活性化」をテーマに活動を発表しました。

photo

学生発表の様子

 

その後、パネルディスカッションとして、まちづくりを担う地域リーダー、行政担当者、本学の履修学生から、大学や学生がまちづくりに関わることの効果や課題について、それぞれの立場から活発な議論が展開されました。

photo

パネルディスカッションの様子

www.coc.yamanashi.ac.jp/3429

2018年09月03日更新
(※終了しました)山梨大学ワインセミナー開催のご案内

山梨大学では、ワインに関する研究の一端を公開するとともに、基礎的知識を系統的に講義し、総合的なワインの楽しみ方を学んでいただくため、「ワインセミナー」を開催いたします。
セミナーでは、専門家による講義の後、国産ワインのテイスティングを行います。

【日時】
 
平成30年10月13日(土)
 13:00~17:00終了予定 / 受付12:00~

【場所】
 
フクラシア品川クリスタルスクエア(東京都港区港南1-6-41)
 (JR 品川駅港南口から徒歩8分、京浜急行 品川駅から徒歩8分)

【定員】
 
100名

【受講料】
 
2,000円

【講義内容】

講義名 講師 講師所属
ブドウの香りを科学する 鈴木 俊二 山梨大学ワイン科学研究センター教授
おいしさを調べる-その面白さと難しさ- 斉藤 史恵 山梨大学ワイン科学研究センター助授
ワイン用ブドウの栽培管理 渡辺 晃樹 山梨県果樹試験場
ワインのテイスティング 庄内 文雄 山梨県ワイン酒造組合副会長
【申込方法】
・Eメール、又はFAXにて、件名「山梨大学ワインセミナー申込」と記載の上、氏名・年齢・住所・Eメールアドレス・電話番号(FAX番号)を記入して、9月28日(金)必着で以下の連絡先へお申し込みください。
・申し込み多数の場合、抽選により受講者を決定いたします。
・当選者の発表は10月2日(火)以降に受講票の送付をもって代えさせていただきます。
・複数名応募の場合は全員分の情報をお知らせください。
・ワインのテイスティングがありますので、年齢を忘れずにご記入ください。
・記入もれは応募が無効となる場合がありますのでご了承ください。
 
【申込み・問合せ先】
〒400-0005 甲府市北新1-13-1
山梨大学ワインセミナー事務局
TEL:055-220-8604 FAX:055-220-8768
E-mail:wine-edu@yamanashi.ac.jp

20歳以上の成人を対象とします。
※テイスティングを行いますので、車でのご来場はご遠慮ください。
※申込者の個人情報は年齢確認、ワインセミナーの連絡等、運営に関してのみを利用目的とし、ワインセミナー事務局にて適切に管理させていただきます。

flyer

www.coc.yamanashi.ac.jp/3410