2019年12月23日更新
令和元年度山梨大学データサイエンス基礎セミナーを開催しました

山梨大学甲府キャンパスにて、「山梨大学データサイエンス基礎セミナー」を令和元年11月30日(土)、及び12月7日(土)に開催しました。24名が受講し、受講生全員に修了証書が授与されました。データサイエンス基礎セミナーは、地域未来創造センターが今年度より取組を開始したリカレント教育の一環で、所定の課程を修了した受講生には修了証書が授与されるものです。

渡辺喜道 地域未来創造センターCOC部門長による司会により開講式が挙行され、早川正幸 本学理事の挨拶がありました。引き続き、西崎博光 大学院総合研究部准教授及び牧野浩二 工学部附属ものづくり教育実践センター准教授による講義と実習が行われました。受講生は、先生方の丁寧な解説によりディープラーニングの基礎を学ぶとともに、後半に行われた実習では、実践的な技術を身につけようと真剣に課題に取り組んでいました。受講生からは「すぐに活用できそうで、満足な内容だった」、「応用編もあれば受講したい」などの感想が寄せられました。

司会の渡辺部門長(左)と挨拶をされる早川理事(右)

講義をされる西崎先生(左)と牧野先生(右)

2019年12月06日更新
令和元年度山梨大学ワイン科学講座を開講しました

令和元年11月16日(土)、東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター(東京都港区)にて、「令和元年度山梨大学ワイン科学講座」を開講し、17名の受講生が参加しました。これは、地域未来創造センターが今年度より新たに取り組みを開始したリカレント教育の一環で、令和2年2月までに全4回の講座を行い、所定の課程を修了した受講生には修了証書が授与されます。
第1回目となる今回の講座では、柳田藤寿 本学ワイン科学研究センター教授の司会のもと、早川正幸 本学理事の挨拶の後、下記の講演が行われました。

■講師および演題
・青木 冨美子 氏(ワインジャーナリスト)「世界のワインについて」
・村上 安生 氏(本学客員教授・一般社団法人 葡萄酒技術研究会 専務理事)「日本ワイン状況と日本ワインについて」

ワインジャーナリストとして最先端で活躍する青木氏による世界のワイン産地の最新の情報の講演と、豊富な知識を持つ村上氏の日本ワインのマーケティングとワイナリーの状況の講演が行われました。受講生は深い内容と軽妙な語りに引き込まれ、3時間に及ぶ講演を熱心に聴講していました。また、講演後には活発な質疑応答が行われました。

司会をする柳田教授(左)と挨拶をする早川理事(右)

講演する青木氏(左)と講演する村上氏(右)

2019年11月26日更新
(※終了しました)山梨県町村会・山梨大学連携リレーシンポジウム開催のご案内

山梨大学と山梨県町村会は、地域の農業、食、環境、経済の問題解決と若者の定着促進により持続的に繁栄する地域社会の構築を目的に、リレーシンポジウムを通じて、地域課題の解決策の提案を行っています。

鳴沢村、道志村に引き続き、第3回目となる本シンポジウムでは、釜無川の伏流水という水資源を持ち、町の市街化が進んでいる昭和町において、水利用とまちづくりの可能性について考えます。

 

【日時】 令和元年12月8日(日) 13:30~16:40(開場13:00)

【会場】 昭和町総合会館「軽運動室」
(山梨県中巨摩郡昭和町押越616番地)

【定員】 100名 参加費無料 どなたでも参加できます。
     12月4日(水)までにFAXまたはメールでお申込みください。
     ※当日参加も可能ですが、なるべく事前のお申込みをお願いします。

 

※詳細についてはチラシ(PDF)をご覧ください。

2019年10月21日更新
地(知)の拠点 公開講座「生ごみリサイクル土づくり・野菜づくり」を開催しました

令和元年10月15日(火)山梨大学甲府キャンパスにおいて、地(知)の拠点 公開講座を開催しました。
講座では、NPO法人大地といのちの会理事長の吉田俊道氏より、「生ごみリサイクル土づくり・野菜づくり~循環型社会構築の原点~」と題し、微生物による土づくりとそこで育った野菜のおいしさや効果、また、自然界の循環を活用する豊かな社会の実現について、お話をいただきました。

講演する吉田俊道氏

学生や一般市民の方など52名の参加者は、微生物の力や日々の食事による心身への影響、自然界の共生の在り方など、吉田氏の軽妙な語りに引き込まれ、2時間に及ぶ講義を聴講しました。

2019年10月17日更新
やまなし産学官連携研究交流事業 研究発表会で研究成果を発表しました

山梨大学と山梨県が主催する「令和元年度 やまなし産学官連携研究交流事業 研究発表会」が、10月10日(木)ベルクラシック甲府(甲府市)で開催されました。この発表会の目的は、山梨県内の企業、大学及び公設試験研究機関が連携して研究開発を実施するため、相互に研究成果を発表するものです。会場では機械・加工、環境、エネルギー、地場産業などの12領域に104テーマの研究、技術開発に関するポスター発表が行われました。

COC事業による発表は、「地方創生支援教育研究プロジェクト」として実施したプロジェクトから、「野生生物調査ネットワークの構築による獣害問題対策の試み」、「アラカルト織物パターン生成技法のコースメニュー化による技術移転の加速化」、「南アルプス市における電子お薬手帳を用いた投薬管理構築モデル事業」、「南アルプス市北岳の雪から分離した酵母による混合培養法の検討」、「農業施設における直接膨張方式地中熱ヒートポンプの有効性評価」の5件のプロジェクトでした。

プロジェクトのポスター発表

2019年10月04日更新
令和元年度「女性のためのステップアッププログラム」入校式を挙行しました

令和元年10月1日(火)、山梨大学甲府キャンパス情報メディア館多目的ホールにおいて、令和元年度「女性のためのステップアッププログラム」入校式が行われ、入校生ら約40名が出席しました。

山梨大学地域未来創造センターでは、令和元年度より新たにリカレント教育の取組を開始しました。その一環である「女性のためのステップアッププログラム」は、厚生労働省委託事業「労働者等のキャリア形成・生産性向上に資する教育訓練開発プロジェクト」の実証プログラムで、山梨大学がその実証先教育機関として協力するものです。結婚・出産・育児などで、一度仕事を離れた女性を対象に、全国初となるインターンシップを活用した教育訓練プログラムとなっています。

入校式では、島田眞路学長が「新たな自分を発見し、能力を磨く機会としてほしい」と入校生を激励し、内藤貴弘甲府市役所市民部長より「プログラムを通じ、働くということを見つめなおし、スキルアップにつなげてほしい」とご祝辞をいただきました。また、10名の入校生を代表し、鶴田美紅さんが「仕事と家庭を両立するスキルや、変化に対応し続ける力を学んでいきたい」と抱負を述べました。

式辞を述べる島田学長

内藤部長からのご祝辞

抱負を述べる鶴田さん

入校生との記念写真

2019年09月27日更新
(※終了しました)地(知)の拠点公開講座「生ごみリサイクル土づくり・野菜づくり」開催のご案内

山梨大学地域未来創造センターでは、下記のとおり地(知)の拠点公開講座「生ごみリサイクル土づくり・野菜づくり~循環型社会構築の原点~」を開催いたします。

昨年に引き続き、生ごみリサイクル菌ちゃん野菜づくりと元気人間づくりを全国に普及している吉田俊道氏(NPO法人大地といのちの会理事長)をお招きし、生ごみを土に還すだけでなく、無農薬で野菜を作り、自然界の物質循環を体感しながら、心と体を元気にする食育プログラムの魅力についてご講演いただきます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【日時】 令和元年10月15日(火) 13:30~15:30(会場13:00)

【会場】 山梨大学 甲府キャンパス M号館11教室
(山梨県甲府市武田4-4-37)

【申込】 どなたでも無料で参加できます。
10月10日(木)までにFAXまたはメールでお申込ください。
※当日参加も可能ですが、定員になり次第、締め切らせていただきます。

【講師】 吉田 俊道 氏
NPO法人大地といのちの会理事長

 

※詳細についてはチラシ(PDF)をご覧ください。

www.coc.yamanashi.ac.jp/2933


■お申し込み先■
 山梨大学地域未来創造センターCOC部門
 TEL:055-220-8130  FAX:055-220-8702
 E-mail:coc-event@yamanashi.ac.jp

2019年09月11日更新
(※終了しました)山梨大学ワインセミナー開催のご案内

山梨大学では、ワインに関する研究の一端を公開するとともに、基礎的知識を系統的に講義し、総合的なワインの楽しみ方を学んでいただくため、「ワインセミナー」を開催いたします。
セミナーでは、専門家による講義の後、国産ワインのテイスティングを行います。

【日時】
 
令和元年10月26日(土)
 13:00~17:00終了予定 / 受付12:00~

【場所】
 
フクラシア品川クリスタルスクエア(東京都港区港南1-6-41)
 (JR 品川駅港南口から徒歩8分、京浜急行 品川駅から徒歩8分)

【定員】
 
100名

【受講料】
 
2,000円

【講義内容】

講義名 講師 講師所属
ブドウの栽培環境とワインの品質 岸本 宗和 山梨大学ワイン科学研究センター准教授
山梨のワイン 小松 正和 山梨県産業技術センター主任研究員
ワインのフレーバーとおいしさ 奥田 徹 山梨大学ワイン科学研究センター教授
ワインのテイスティング 庄内 文雄 山梨県ワイン酒造組合副会長
【申込方法】
・Eメール、又はFAXにて、件名「山梨大学ワインセミナー申込」と記載の上、氏名・年齢・住所・Eメールアドレス・電話番号(FAX番号)を記入して、10月4日(金)必着で以下の連絡先へお申し込みください。
・申し込み多数の場合、抽選により受講者を決定いたします。
・当選者の発表は10月8日(火)以降に受講票の送付をもって代えさせていただきます。
・複数名応募の場合は全員分の情報をお知らせください。
・ワインのテイスティングがありますので、年齢を忘れずにご記入ください。
・記入もれは応募が無効となる場合がありますのでご了承ください。
 
【申込み・問合せ先】
〒400-0005 甲府市北新1-13-1
山梨大学ワインセミナー事務局
TEL:055-220-8604 FAX:055-220-8768
E-mail:wine-edu@yamanashi.ac.jp

20歳以上の成人を対象とします。
※テイスティングを行いますので、車でのご来場はご遠慮ください。
※申込者の個人情報は年齢確認、ワインセミナーの連絡等、運営に関してのみを利用目的とし、ワインセミナー事務局にて適切に管理させていただきます。

 

2019年09月09日更新
(※終了しました)「リカレント教育講座」開講のご案内

山梨大学地域未来創造センターでは、令和元年度から新たにリカレント教育の取り組みを開始し、その一環として、今年度は「データサイエンス基礎セミナー」「ワイン科学講座」「女性のためのステップアップセミナー」の3つの講座を開講することとなりました。

なお、本日より「データサイエンス基礎セミナー」と「ワイン科学講座」の受講生の募集を開始します。

詳細につきましては、リカレント教育のページをご覧ください。

多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。