2020年02月21日更新
令和元年度山梨大学ワイン科学講座が閉講しました

令和2年2月8日(土)、ワイナリー・サドヤ(山梨県甲府市)にて、「令和元年度山梨大学ワイン科学講座」が閉講しました。令和元年11月より全4回の講義が行われ、19名の受講生のうち、所定の課程を修了した18名に修了証書が授与されました。
最終回となる今回の講義では、山梨大学大村記念ホールにて、株式会社サドヤ顧問の萩原健一氏による講義ののち、ワイナリー・サドヤへと移動し、ワイナリーの見学とワインのテイスティングが行われました。
また、柳田藤寿本学ワイン科学研究センター教授の司会のもと、閉講式が行われ、主催である地域未来創造センターの北村眞一センター長より、「本講座で学んだことを、皆さんの今後に活かしていただきたい」と挨拶がありました。
受講生からは、「とても充実した講座だった」、「アドバンスコースがあれば参加してみたい」などの感想のほか、「懇親会があると嬉しい」といった受講生同士の交流を希望する意見も寄せられました。

受講生との記念撮影