お問い合わせ

教育研究プロジェクト

■地域志向型教育研究プロジェクト
■地方創生支援教育研究プロジェクト

山梨県が抱える地域の課題を市町村や団体を通して収集し、それらの課題に対して、本学の教員と学生および地域の自治体や企業の関係者が共同で取り組みます。 教育研究プロジェクトは、4つの教育研究分野(食のブランド化、次世代農業創出、美しい里づくり、地域連携)に分かれています。またプロジェクトは研究成果を、主として研究の知識技術の体系や教育に活用する「知の実践」と、主として地域の企業等での社会実装に活用する「知の移転」との2種類があります。

教育研究プロジェクトは、山梨大学内において、教員からの提案の申請を受けて、選考委員による評価を集めて選考会議で審議して決定します。採択された研究プロジェクトには研究費が支給されます。地域志向型教育研究プロジェクトは、地(知)の拠点事業の補助を受けて平成26年度にスタートしましたが、平成27年度から地方創生支援教育研究プロジェクトとして、学内経費をこれに充てることとして再出発しています。

この研究の成果は多数ありますが、代表的なものとして以下が挙げられます。地域の酵母とブドウを使ったワインの製造研究により、甲府市の開府500年の記念スパークリングワインを製造しました。ブドウ畑に気象センサーを設置して、気候とブドウの成熟を関連付ける研究を行い、収穫時期の予測に役立てています。地域防災支援プログラムを開発し、防災講座の開催などに役立てています。写真画像の織物への応用技術開発により、グラデーション表現を取り入れて織られた生地を傘の製造に使用しています。

 

平成26年度地域志向型教育研究プロジェクト・採択課題一覧(PDF)

平成27年度地域志向型教育研究プロジェクト・採択課題一覧 (PDF)

平成27年度地方創生支援教育研究プロジェクト・採択課題一覧(PDF)

平成28年度地方創生支援教育研究プロジェクト・採択課題一覧(PDF)

平成29年度地方創生支援教育研究プロジェクト・採択課題一覧(PDF)

平成30年度地方創生支援教育研究プロジェクト・採択課題一覧 (PDF)

令和元年度地方創生支援教育研究プロジェクト・採択課題一覧(PDF)