お問い合わせ

教育研究プロジェクト

■地域志向型教育研究プロジェクト

山梨県が抱える地域の課題に対して、本学が持つ知的資源を活用して着手します。 プロジェクトは、3つの教育研究分野※において、各学部間・自治体・企業の枠を超えて課題解決へと取り組みます。

地域から要請の多い研究課題は、客員社会連携コーディネータ等で組織される「オール山梨・食のブランド化と美しい里づくりネットワーク」等を通じて把握し、その結果を学内へ周知し、プロジェクトの選考へと繋げます。最終選考は、本大学・各自治体の長から成る「未来地域創造会議」において地域を志向したテーマを採択します。

各研究は「知の実践」と「知の移転」をはかることで、地域の活性化をより促進し、革新的農業の振興等の課題を達成できます。同時に地域を志向した実践力のある人材を育成することで地域に還元できます。

H26年度地域志向型教育研究P・採択課題一覧 (PDF)

H27年度地域志向型教育研究P・採択課題一覧 (PDF)

※【教育研究分野】
ア.「食」の地域ブランド化分野
「食」の高品質化、「食」と健康などに関する教育研究
イ.次世代農業創出分野
畜産を含む農業分野で次世代を担う技術を開発する教育研究
ウ.美しい里づくり分野
観光を含む産業及び人間生活を自然とを調合させる教育研究

さらに2つの区分を設けることで、地域を志向した研究をより活性化させていきます。

【教育研究区分】
①実践型教育研究(知の実践)
学内の常勤教員が主体となり、専門分野における教育研究成果を活用し、実践に即した教育研究テーマを設定することで、地域の活性化に寄与する教育研究開発を促進する。
②共同教育研究(知の移転)
外部機関と連携し、本学の常勤教員と地域との共同教育研究を通じて大学の知を地域に移転することにより、地域の活性化を促進する。

プロジェクト

■地方創生支援教育研究プロジェクト

地方自治体との連携による雇用の創出・若者定着の促進を目的とする「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」など地方創生に大学の関わりが期待されています。
本学は、地域社会の中核として地域の養成に応える人材の養成などを通じて社会に貢献することを目指しており、地域との連携により地方創生に資するため、「地方創生支援教育プロジェクト」を実施しています。

本プロジェクトは、「地域志向型教育研究プロジェクト」と一部において連動しており、3分野※に加えて「地域連携分野」の4分野におけるプロジェクトを選定し、学内における実践的な教育研究の推進と、そこで得られた成果(知)を山梨県に移転することを目的としています。

平成27年度地方創生支援教育研究プロジェクト・採択一覧(PDF)

平成28年度地方創生支援教育研究プロジェクト・採択一覧(PDF)

平成29年度地方創生支援教育研究プロジェクト・採択一覧(PDF)