お問い合わせ

ブドウ栽培地における微気候観測とブランド化

代表者:近藤 英一 教授(工学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

研究は、おいしいブドウの栽培に好影響を与えていると言われる「笹子颪おろし」を例に、微気候現象のリアルタイム観測網の有用性を検証するものである。甲府盆地西部の気候は冬季の季節風と夏季の卓越風に支配されるが、東部では入り組んだ地形のため風系が複雑となることが従来研究で示唆されている。笹子颪は日川に沿って笹子峠・初鹿野方向から日川扇状地へと下る東風で、その存在は地元ではよく知られる。適度に乾燥した冷気で、ちょうど収穫期を迎える甲州種のブドウの着色・甘味発現に効果的と言われ、ワイナリーの宣伝媒体では甲州ワインのブランド化にも役立てられている。聞き取り調査では、吹く時期や強度について明確な共通認識はなく、地区によってブドウ栽培への影響に対する意見も様々である。本プロジェクトでは笹子颪の吹く日川扇状地の数km の範囲に多数の気象観測機器を設置して観測し、当該地域における笹子颪の実態解明でブドウ農家のブランド要求に役立てる。

平成27年度成果報告会ポスター