お問い合わせ

ワイン用ブドウ栽培に関する統合型情報プラットフォームの創成

代表者:鈴木 智博 准教授(工学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

このプロジェクトでは、山梨県産ワインのブランド化のために必要な高品質ブドウの大量生産に資する情報基盤の作成を目的とする。まず、ワイン用ブドウの病害虫発生や収穫適期の予想などのために、圃場の気象データ、ブドウの画像データ、ブドウ育成状況と成分分析結果など山梨県内のワイン用ブドウ栽培に関する多くデータを収集、統合、蓄積、可視化するプラットフォームを作成する。さらに、任意のデータの組み合わせや、機械学習などによるビッグデータの解析からブドウ栽培に関する新たな知見の獲得を目指す。

 

H27成果報告書_ワイン用ブドウ栽培に関する統合型情報プラットフォームの創成