お問い合わせ

韮崎市穂坂地区周辺からのワイン用酵母の分離とその醸造特性に関する研究

代表者:標 智仁 特任助教(地域未来創造センター)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

韮崎市穂坂地区は茅が岳南麓に位置し、緩斜面による長い日照時間、少雨で冷涼な気候、果樹栽培に適したやや粘性のある土壌を活かして、赤ワイン用ブドウ品種マスカット・ベーリーA(MBA)の一大産地となっている。韮崎市では現在この穂坂地区でのMBA生産の6次産業化による地域ブランド化戦略「赤ワインの丘基本構想」を推進している。本プロジェクトは韮崎市の地域ブランド化戦略の核となる商品・穂坂地区産MBA種赤ワインについて、発酵過程に韮崎市由来の酵母を用いることで商品の地域独自性をさらに高め、高付加価値化できると考え、穂坂地区産ブドウを中心にワイン用酵母菌株の分離を試みる。また、分離された酵母菌株については醸造特性を試験し、ワイン醸造への応用可能性を検討する。

平成28年度成果報告会ポスター