お問い合わせ

伝統的景観活用観光における美しい里づくり実践的教育方法の検討-特に先進地事例調査と学習効果について-

代表者:大山 勲 教授(生命環境学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

1)目的: 地域と連携したフィールドサーベイと先進地事例調査によって今後の山梨県における観光・産業・自然を調和させた教育研究手法を検討するとともに、実践的教育の試行を加えて学生の意識向上の効果や課題を把握することを目的とする。

2)研究の位置づけ:地方圏では埋もれた地域資源を発掘し観光や市民協働まちづくりへ展開することが地方活性化の方法として期待されている。山梨県では、県の重要な資源である景観を観光と結びつけ、地域住民行政協働の景観・観光まちづくりに展開していくことが求められている。この時、教育研究分野には「地域の活性化のために何ができるかを考え」「地域に役立つ情報収集を行い」「成果を地域へ示す」実践的教育が求められる。本プロジェクトの目標は、地域ニーズと学生ニーズをマッチングさせる教育プログラムの開発方法を探ることである。今回は「地域に貢献できる」教育プラグラムの一部であるフィールドサーベイおよび先進地事例調査を中心に、それらを今後の地域連携型教育研究に活かすための課題を整理したい。

H27成果報告書_伝統的景観活用観光における美しい里づくり実践的教育方法の検討-特に先進地事例調査と学習効果について-