お問い合わせ

やまなしバイオリソースを活用した『微生物ものづくり』 -有用放線菌を微生物資材化する担体の開発-

代表者:山村 英樹 准教授(生命環境学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

これまでに、水耕栽培において作物の生長促進作用を有する有用放線菌を山梨県内から取得する事が出来た。しかしながら、作物の生長を促進させる有用放線菌を実用化するにあたり最も困難なステップが有用放線菌を土壌に定着させることである。一方で、これまで共同研究を行ってきた微生物資材は土壌中の潜在的な放線菌を増殖させる効果を確認しており、これに有用放線菌を定着化させる『担体化』を行う事で放線菌の有用性を相乗的に発揮させる画期的な資材の開発を行う。具体的には、放線菌の住み家を提供する多孔質のサンゴ資材に放線菌を固定化し、放線菌の保存性や施用効果を確認する。また、放線菌の栄養源となるとフミン資材を施用した畑地からフミン嗜好性放線菌を分離し、土壌改良資材としての評価を行う。

【プロジェクトの特色】
山梨県の企業が保有する土壌改良資材と山梨大が保有する作物の生長促進効果を有する有用放線菌を融合させ、新たな微生物資材の開発を行う。これまでに県内企業と共同研究を基礎的な部分まで進めており、本プロジェクトでは実用化技術の開発を進める。

平成28年度成果報告会ポスター