お問い合わせ

甲府の街活性化に寄与するスパークリングワインの研究開発

代表者:柳田 藤寿 教授(生命環境学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

平成28年度地方創生支援教育研究プロジェクト「甲府の街活性化に寄与するブランド発酵食品創出のための研究開発」を遂行した結果、甲府市内の観光名所から総数403の酵母分離株を取得した。その後、高濃度スクロース培地あるいは甲州ブドウ果汁を用いたアルコール発酵試験によって、ワイン醸造に利用できるSaccharomyces酵母計72株の絞り込みに成功している。

本年度の地方創生支援教育研究プロジェクトでは、取得した酵母の醸造特性を明確化し、利用目的に合った数株の優良酵母を選び出すことを目的とする。また、使用する酵母の醸造特性を踏まえて醸造方法の最適化を検討することで、高品質な商品(スパークリングワイン)の創出を目指す。

■過去のプロジェクト

地域ブランド発酵食品開発のための有用酵母および乳酸菌の分離(H27)

甲府の街活性化に寄与するブランド発酵食品創出のための研究開発(H28)