お問い合わせ

果樹園での安心・安全な運搬作業を支援するロボットビークルの開発

代表者:野田 善之 准教授(工学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

本プロジェクトでは安心・安全な農作業に貢献することを目的に、果樹農業における運搬作業を軽労化するロボットビークルを開発する。

本プロジェクトの代表者が研究開発を進めている図に示す低重心型平行二輪運搬ビークル技術を、果樹農家との意見交換により得られた情報を基に、果樹園で実用可能なロボットビークルへと進化させる。このプロジェクトを通じて、工学域と生命環境学域の教員、山梨県の果樹農家が連携し、果樹農業におけるロボット技術開発の重要性を明らかにし、果樹農業の課題をロボット技術で解決できる人材を育成する地域志向型教育へと発展させていく。