お問い合わせ

アガロースカプセルを用いた透明帯を欠損した卵子の有効利用について

代表者:長友 啓明 助教(総合分析実験センター)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

哺乳類卵子は透明帯とよばれる殻に覆われている。透明帯は、受精における役割以外にも、物理的に卵子および胚を保護する機能を有する。発生工学の進歩に伴い、畜産や医療の分野においても体外胚操作の技術が利用されているが、透明帯が何らかの理由で欠損した卵子は、胚操作のみならず発生および凍結保存に適していないため廃棄されている。そこで、本研究では透明帯が欠損した卵子を透明帯に類似した構造を持つカプセルに入れることで、これまで廃棄されていた卵子を利用可能であるかを検討する。