お問い合わせ

農業・森林資源の保全への支払制度導入による県民所得向上の計測:ブドウのプレミアム価値と水源林の経済的価値の利用による地域経済発展の可能性

代表者:渡邊 幹彦 教授(生命環境学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

本プロジェクトの目的は、県内及び県外の住民による山梨県内の農業資源・森林資源への保全への支払が実施された場合に、山梨県民の所得が、どの程度上昇するかを、経済学の専門性を持って、具体的かつ正確に計測することである。

【過去のプロジェクト成果の発展・充実】
本年度プロジェクトは、平成27・28 年度地方創生支援教育研究プロジェクトの成果であるブドウの温暖化対策、品質と産地が優れたブドウのブランド価値、森林の水源涵養機能への価値を利用して、発展・充実させるものである。これらの価値は、非常に高いことが判明し、潜在的ではあるが、実際に支払うという意志である。これらの支払意志を利用して、山梨県民の所得にどのような影響があるかを具体的に計測して、発展・充実させる。