お問い合わせ

地域獣害対策のための新たな地域-産学連携に基づく野生生物の棲息調査研究

代表者:馬籠 純 助教(生命環境学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

野生動物による農産物への被害は、山林の荒廃や環境変化により深刻さを増している。果樹をはじめとする様々な農産物を生産している山梨県においても、その被害軽減が強く求められており、詳細かつ広域の調査に基づく対策の立案が必要不可欠である。一方で、林業関係者、農業従事者の減少に加え、高齢化が進む現状では、地元住民・農林業関係者のみでの調査・対策は困難であると考えられ、新たな人材育成を含む調査研究体制の構築が必要である。

本プロジェクトでは、農作物および踏圧や希少種食害が自然環境にも甚大な影響を与える鹿をはじめとする「野生動物」を対象とする。対象地域は、2014年にユネスコ生物圏保存地域(ユネスコエコパーク)に登録され様々な自然・地域活動への関心が高まる南アルプス地域をモデル地域とし、新たな地域と産学連携による野生生物の生息調査研究と獣害対策の提案を目的とする。調査研究は、月1度の定期夜間ライトセンサスや自動撮影カメラ等を活用することで、野生生物の分布(生態)と人の生活圏の関係を明らかにする。さらに地域・市民・学生等を対象とした現地調査型の科学調査ツアーを試行し、調査研究成果を地域で活用できるネットワークを構築するとともに、本学学生および地域住民にとって実践的な環境教育研究の場の創出を目指す。