お問い合わせ

平成29年度「地方創生支援教育研究プロジェクト」採択結果について

平成29年度「地方創生支援教育研究プロジェクト」を学内公募・選定し、下記12件を採択しました。各プロジェクトの詳細は平成29年度プロジェクトをご覧ください。

本プロジェクトは、「食」の地域ブランド化、次世代農業創出、美しい里づくり、地域連携分野の4分野において、そこで得られた成果(知)を山梨県に移転することを目的としています。

No. プロジェクト名称 担当者 分野 区分
1 甲府の街活性化に寄与するスパークリングワインの研究開発 生命環境学域
柳田 藤寿 教授
1
2 山梨県産の桑の葉茶の安全性・有効性に関する研究 生命環境学域
望月 和樹 教授
1
3 野菜中アミノ酸含量に及ぼす土壌微生物の影響 生命環境学域
片岡 良太 助教
1
4 果樹園での安心・安全な運搬作業を支援するロボットビークルの開発 工学域
野田 善之 准教授
1
5 アガロースカプセルを用いた透明帯を欠損した卵子の有効利用について 総合分析実験センター                                            
長友 啓明 助教
1
6 農村資源を活かした回遊性・滞在性の高いアグリツーリズムの検討                                             — 鳴沢村及び山梨市における学生参加型プロジェクトの実践と県外先進地域との比較研究を通じて — 生命環境学域
菊地 淑人 准教授
1
7 農業・森林資源の保全への支払制度導入による県民所得向上の計測: ブドウのプレミアム価値と水源林の経済的価値の利用による地域経済発展の可能性 生命環境学域
渡邊 幹彦 教授
1
8 地域と大学が連携した着地型観光の企画・実践手法の開発と展開 生命環境学域
大山 勲 教授
2
9 地域獣害対策のための新たな地域-産学連携に基づく野生生物の棲息調査研究 生命環境学域
馬籠 純 助教
2
10 直感的インタフェースを持つ織物デザインシステムによる 新規製品の創発支援 工学域
豊浦 正広 准教授
2
11 地域経済分析システムを活用した市民レベルの地方創生支援と人材育成 工学域
秦 康範 准教授
2
12 ICTを活用した過疎地における複合的医療体制モデル事業 医学域
山城 亘央 助教
2
  • 教育研究分野 
    ア.「食」の地域ブランド化分野:「食」の高品質化、「食」と健康などに関する教育研究
    イ.次世代農業創出分野:畜産を含む農業分野で次世代を担う技術を開発する教育研究
    ウ.美しい里づくり分野:観光を含む産業及び人間生活を自然とを調合させる教育研究
    エ.地域連携分野:地域の自治体・団体・企業等と連携して実施する地方創生に資する教育研究
     
  • 教育研究区分
    1.実践型教育研究(知の実践)・・・学内の常勤教員が主体となり、専門分野における教育研究成果を活用し、実践に即した教育研究テーマを設定することで、地域の活性化に寄与する教育研究開発を促進する。
    2.共同教育研究(知の移転)・・・外部機関と連携し、本学の常勤教員と地域との共同教育研究を通じて大学の知を地域に移転することにより、地域の活性化を促進する。