お問い合わせ

「山梨大学エリア放送」開局式を開催しました。

郷 健太郎 教授 / エリア放送を活用した地域課題発見方コンテンツ作成の実践
 (H26年度プロジェクト)

平成27年2月23日(月)、甲府キャンパス本部棟5階第一会議室において「山梨大学エリア放送」の開局式を開催しました。

教育人間科学部芸術運営コース2年の相良香里さんの司会のもと、新藤久和理事(企画・評価・学術研究担当、副学長)が本学を代表して趣旨説明を行い、続けて工学部土木環境工学科2年の中村彩香さんが学生代表として本プロジェクトにかける思いを述べました。

引き続き行われた放送開始セレモニーでは、放送設備のある別室で郷教授が放送機器のスイッチを押して本放送を開始しました。この様子は第一会議室へ中継されました。

山梨大学エリア放送は本事業の一環として、学生を中心としたプロジェクトである「デンパ☆梨甲局」を中心に活動を進めています。本開局式も学生が主体性をもって実施しました。また取材班の学生が、開局式の様子の取材を行いました。

今後は、地域の取材を通して地域課題を発見し、コンテンツ作成を通してその可視化を行う予定です。そのための準備として、番組の企画・取材・制作のプロセスを実践によって学んでいます。学部の共通教育科目で活用できる学習教材へつながるコンテンツの作成を目指しています。

デンパ☆梨甲局(読み方:でんぱ・りこうきょく)とは
山梨大学エリア放送を運営する学生グループで決めた、放送局の名称です。
「デンパ☆梨甲局」の由来は、私たちの気もちを電波にのせて広く伝えたいという想いにあります。親しみやすいように、カタカナで「デンパ」と「☆」をつけました。また、甲府キャンパス周辺エリアでのワンセグ・フルセグ放送ということから「梨甲」をつけました。これは山梨大学甲府キャンパスを表します。

山梨大学エリア放送:http://ycabs.net/

新藤理事

新藤理事

開局式2開局式1IMG_0321