お問い合わせ

平成30年度「地方創生支援教育研究プロジェクト」採択結果について

平成30年度「地方創生支援教育研究プロジェクト」を学内公募・選定し、下記15件を採択しました。各プロジェクトの詳細は平成30年度プロジェクトをご覧ください。

本プロジェクトは、「食」の地域ブランド化、次世代農業創出、美しい里づくり、地域連携の4分野において、そこで得られた成果(知)を山梨県に移転することを目的としています。

No. プロジェクト名称 担当者 分野 区分
1 南アルプス市北岳の雪から分離した酵母による混合培養法の検討 生命環境学域
柳田 藤寿 教授
1
2 農学発:地域食品を利用した食育を担う次世代の人材育成 生命環境学域
望月 和樹 教授
1
3 生食用ブドウの高品質化:革新的電気刺激処理技術の展開 生命環境学域
鈴木 俊二 教授
2
4 農業施設における直接膨張方式地中熱ヒートポンプの有効性評価 工学域
武田 哲明 教授
2
5 農山村に所在する歴史文化資源を活かした観光地域づくりの検討:歴史文化基本構想をツールとした地域資源の保全と観光活用に向けて 生命環境学域
菊地 淑人 准教授
1
6 世界農業遺産の保全活動への経済的支援策の検討
― 果樹栽培地域のレジリエンス強化を中心に
生命環境学域
渡邊 幹彦 教授
1
7 甲州市内周遊バス利用者の流動把握及び情報サービスシステムの開発と実証実験 工学域
豊木 博泰 教授
2
8 地域資源を活用した地域ネットワークの分析
―人口減少対策にむけた検討―
生命環境学域
喜多川 進 准教授
2
9 野生生物調査ネットワークの構築による獣害問題対策の試み 生命環境学域
馬籠 純 助教
1
10 農村地域の資源を活かす住民学生協働のまちづくりの実践 生命環境学域
大山 勲 教授
2
11 アラカルト織物パターン生成技法のコースメニュー化による技術移転の加速化 工学域
豊浦 正広 准教授
2
12 観光事業者と地域住民連携による「おもてなし防災」 工学域
鈴木 猛康 教授
2
13 南アルプス市における電子お薬手帳を用いた投薬管理構築モデル事業 医学域
柏木 賢治 准教授
2
14 植物病害抑制効果を有する機能性生ごみ液肥の開発 生命環境学域
片岡 良太 助教
2
15 「課題共有シート」を活用した医療・介護連携の促進 医学域
菅沼 真由美 講師
2
  • 教育研究分野
    ア.「食」の地域ブランド化分野:「食」の高品質化、「食」と健康などに関する教育研究
    イ.次世代農業創出分野:畜産を含む農業分野で次世代を担う技術を開発する教育研究
    ウ.美しい里づくり分野:観光を含む産業及び人間生活を自然とを調合させる教育研究
    エ.地域連携分野:地域の自治体・団体・企業等と連携して実施する地方創生に資する教育研究
     
  • 教育研究区分
    1.実践型教育研究(知の実践)・・・学内の常勤教員が主体となり、専門分野における教育研究成果を活用し、実践に即した教育研究テーマを設定することで、地域の活性化に寄与する教育研究開発を促進する。
    2.共同教育研究(知の移転)・・・外部機関と連携し、本学の常勤教員と地域との共同教育研究を通じて大学の知を地域に移転することにより、地域の活性化を促進する。