お問い合わせ

有機農法と慣行農法における土壌微生物群集の解析

代表者:田中 靖浩 助教(生命環境学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

田中先生1高度経済成長期からおよそ50年が経過し、日本農業は今後、次世代農業へと変化していく必要がある。元来、日本の畑地土壌は保肥力が小さく、酸性で野菜の生産には適さないと言われてきた。かつての50年は、化学肥料の普及も相俟って、生産性の低い農地を土壌改良することで飛躍的に肥沃度を高め、大生産地へと変貌を遂げた時代である。同時に多量の化学肥料の使用は土壌中に過剰な養分蓄積をもたらし、地下水汚染や湖沼の富栄養化など環境汚染を引き起こす原因にもなった。今後の50年は、土壌の持つ生物生産機能、物質循環機能などを最大限発揮し、環境と調和した農業技術を確立する時代と言える。 

持続可能な有機農業技術として、本研究では「慣行農法と有機農業における土壌微生物群集の違い」に焦点を置く。山梨県総合農業技術センター内のライシメータ施設を利用し、化学肥料のみを継続施用した区と有機肥料のみを施用した区において土壌微生物相の変化を明らかにしていく。また、有機農業技術として緑肥の利用についても検討することで、環境負荷を軽減した有機農業技術を開発する。

 

H27成果報告書_有機農法と慣行農法における土壌微生物群集の解析