お問い合わせ

観光ガイド養成を通じた地域への誇りと愛着心の醸成

代表者:秦 康範 准教授(工学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

秦先生1山梨県は人口減少・少子高齢化が進行し、持続的な里づくり、地域づくりが喫緊の課題となっており、豊かな自然環境を観光資源として活用した地域の活性化が急務である。しかしながら、山梨県が好きな県民の割合は、47都道府県中43位、山梨県に住みたい県民の割合43位(出典:日経リサーチ2013)と極めて低く、県民全体が地域の魅力や価値を再認識することが強く求められている。

こうした問題意識の下、2014年度は県内体験プログラムの可視化、着地型観光の地域まちづくりへの波及効果の分析、大学生に向けた地域コーディネーター育成プログラムの開発とまちあるき講習会等を実施した。本研究では、2014年度に実施したまちあるきガイドのロールプレイによる高い教育的効果を踏まえ、ガイド養成を通じた地域への愛着心や誇りの醸成を目的としたプログラムを開発し、その効果を測定する。

平成27年度成果報告会ポスター