お問い合わせ

醸造用ブドウ栽培の高度化のためのセンサネットワーク基盤の構築とその活用

代表者:奥田 徹 教授(生命環境学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

本プロジェクトは、ブドウ畑にセンサネットワーク基盤を構築し、それから得られる各種の情報を共有化し、ブドウの栽培技術の効率化・高品質化に役立てるためのプラットホーム作りを行うことを第1の目的とする。山梨県ワイン酒造組合と連携することで、現場で役に立つ情報の内容や提供方法を明確化し、さらに、それを利用する農業従事者への、利用教育を行う。これらの観点から、本プロジェクトでは以下の取組を行う。

  • 気象、土壌などのデータを取得のためのセンサネットワークの構築
  • 得られたデータの可視化
  • センサネットワーク基盤の管理・利用技術教育

高品質のワイン生産のためには、非常に高い品質のブドウ生産が必須である。高品質の定義ははっきりしていないが、収穫適期などをきめ細やかに決定できるメルク―マールの開発が重要である。またその利用における省力化も重要な観点である。これらの観点から、ブドウそのものの分析・評価を圃場で行うための非接触センサーの開発にむけての調査研究を将来的な目標に据える。