お問い合わせ

エリア放送を活用した地域課題発見型コンテンツ作成の実践

代表者:郷 健太郎 教授(工学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

地(知)の拠点事業が目的としている社会貢献(「食」と「里」の分野における社会貢献課題への対応)を通した人材育成の一環として、地域の自然、歴史、文化、伝統、産業、食等について、学生が地域の人々から学び、それをコンテンツとしてまとめて学内外にエリア放送を利用して発信し、学生のメディアリテラシーを向上させることが目的である。また災害などの場合には、本学構成員だけでなく、地域住民に対しても緊急情報を提供する。
上記に加えて、エリア放送を実現するための仕組みづくりや、組織づくり、環境づくり、さらには放送プログラムの運用にも学生を参加させることで、地域の社会課題に視点をおきながら、リーダーシップをとって解決策づくりを行う人材の育成を目指す。