お問い合わせ

新たな着地型観光の推進と地域コーディネーター育成

代表者:秦 康範 准教授(工学域)

分野:

区分:

■プロジェクトの目的

山梨県は少子高齢化が進行し、持続的な里づくり、地域づくりが喫緊の課題となっている。山梨県は、都心から比較的近い立地条件にあるにもかかわらず、豊かな自然環境を観光資源として十分な活用がなされてこなかった。こうした中、里山資本主義(藻谷2013)に代表されるように、里山の豊かな自然環境を、都市部にはない「強み」や「資源」として見直し、地域の活性化の根幹として位置づけられる動きが全国的に広がってきている。
そこで本プロジェクトでは、山梨の持っている自然環境や歴史遺産等の里山の持つ豊かな資源に着目し、新たな着地型観光を推進する中で山梨にある観光資源の価値の再定義を試みる、実践的かつ意欲的な取り組みである。同時に、着地型観光の受け皿となる地域コーディネーター育成についても検討し、求められる知識や能力といったコンピテンシーを整理するとともに、育成プログラムの開発を行う。また、地域コーディネーター育成のための学内教育の科目化についても検討を行う。